2015年03月27日

やれんのか、おい! - MBuntu で Ubuntu 14.04/10 に Mac OS X スキン革命を起こす方法

意味の伝わらないタイトルと内容とは全く関係の無いインプレッション画像になっておりますが(混乱 SEO 対策)、ChaletOS、Voyager と続いてきた一味違ったディストリビューション探訪シリーズの最終回(多分)です。 今日はノーマル Ubuntu 14.04 日本語 Remix を何処まで Max OS X に近づけられるか半分ジョークでチャレンジしてみますよ。

killer inoki

どこまで近づける? MBuntu で Ubuntu 14.04 を Mac OS X にする方法


MBuntu は別名 MacBuntu と呼ばれ、Noobs LAB が配布(http://www.noobslab.com/2014/04/macbuntu-1404-pack-is-released.html)している Ubuntu を Mac OS にしてしまうテーマ、スキン集なのです。 以前から知ってはいたのですが、まあ、おもちゃ程度。 苦労してセットアップしても”世紀の凡戦”などと揶揄される結果になるのではないか?、そう思い本格的に手は出すことはありませんでした。

inoki


しかし、ここ最近かなりのレベルになったと聞き、僕も Mac OS X 飛竜革命(ここまで藤浪なしですが)を起こすことにしたのです。

さあ、早速いきましょう。 スタートはこれ。 Ubuntu 14.04 日本語 Remix 版。

Mbuntu_3


まずは、デスクトップの背景から変更します。 端末(ターミナル)を開いて次のコマンドを入力しましょう。

$ wget http://drive.noobslab.com/data/Mac-14.10/MBuntu-Wallpapers.zip -P ~/ピクチャ/


これでホームディレクトリのピクチャ以下にライク Mac OS X な画像がダウンロードされました。 zip ファイルを解凍して、好みの画像をデスクトップ背景に設定しましょう。

Mbuntu_23


まずは、ここまで近づきました。

Mbuntu_10


さあ、次は Noobs LAB のリポジトリを追加してテーマをインストールしますよ。

$ sudo add-apt-repository ppa:noobslab/themes
$ sudo apt-get update
$ sudo apt-get install mbuntu-y-ithemes-v4
$ sudo apt-get install mbuntu-y-icons-v4


tweak を使ってテーマをカスタマイズするので unity-tweak-tool もインストールしておきましょう。

$ sudo apt-get install unity-tweak-tool


アプリケーション・メニューから Unity Tweak Tool を起動、Appearance, Theme を選択して

Mbuntu_8


Mbuntu for Unity を選択してきましょう(Theme, Icons, Cursor)。 ちょっと似てきましたね。

Mbuntu_25


次はアプリケーションの起動に利用する slingscold をインストールします。

$ sudo add-apt-repository ppa:noobslab/apps
$ sudo apt-get update
$ sudo apt-get install slingscold


これで Launchpad のような起動メニューを使えるようになりました。

Mbuntu_14


どんどん行きましょう。 次はスポットライトのようなサーチ・インジケーター。

# need ppa:noobslab/apps repo.
$ sudo apt-get install indicator-synapse


ほらね。

Mbuntu_22


デスクトップ下のアプリケーション・ドックが無いと Mac OS っぽくないですよね。 これには docky とそのテーマを追加しましょう。

$ sudo add-apt-repository ppa:docky-core/ppa
$ sudo apt-get update
$ sudo apt-get install docky

# need ppa:noobslab/themes repo.
$ sudo apt-get install mbuntu-y-docky-skins-v4


docky を起動すれば、ほらこの通り。

Mbuntu_6


ドックへのアプリケーション追加はメニューからドラッグ・ドロップするか、一度起動してドックに表示されたインスタンス・アイコンを右クリック、そのメニューから追加を選択しましょう。

Mbuntu_17


そうそう、常に全画面モードで起動する slingscold はここまでに紹介した手順ではドックへ追加できません。 これはファイル・マネージャーを開き、/usr/share/applications/ へ移動してアイコンを直接 docky ドックにドラッグ&ドロップして追加して下さい。

Mbuntu_18


Noobs LAB ではこれらのセットアップ作業を手助けしてくれるスクリプト公開しています。 次の手順でダウンロード、実行しておきます。

$ wget -O config.sh http://drive.noobslab.com/data/Mac-14.10/config.sh
$ chmod +x config.sh
$ ./config.sh
....
All Done.


デスクトップ上部のパネル左端に表示される「Ubuntu デスクトップ」メッセージは次の手順で Mac OS X に変えますヨ。

$ wget -O ~/Mac.po http://drive.noobslab.com/data/Mac-14.10/change-name-on-panel/mac.po
$ sudo msgfmt -o /usr/share/locale/ja/LC_MESSAGES/unity.mo ~/Mac.po

mac_os_panel_menu


また、次のコマンドで OS 起動時のスプラッシュ・スクリーンを「りんご」に変えたら一度再起動しておきましょうか。

# need ppa:noobslab/themes repo.
$ sudo apt-get install mbuntu-y-bscreen-v4

mac_boot_splash


そろそろ仕上げに取り掛かりましょう。 もう一度、Unity Tweak Tool を起動して Launcher > 自動的に隠す を ON に変更してデスクトップ左側に表示される Ubuntu 標準ランチャーを隠しちゃいましょう。

Mbuntu_1


Libre Office は、専用のスタイルを追加して、

$ sudo apt-get install libreoffice-style-sifr


ツール > オプション と進み、「表示」を編集して Sifr に変えます。

Mbuntu_11


すると、こんなメニューに(これって Mac っぽいの?)。

Mbuntu_15


フォントもこだわるならこちらの手順をどうぞ。

$ wget -O mac-fonts.zip http://drive.noobslab.com/data/Mac-14.10/macfonts.zip
$ mkdir ~/.fonts
$ unzip mac-fonts.zip -d ~/.fonts/
Archive:  mac-fonts.zip
  inflating: /home/vagrant/.fonts/AppleGaramond.ttf
  inflating: /home/vagrant/.fonts/AppleGaramond-Bold.ttf
  inflating: /home/vagrant/.fonts/AppleGaramond-BoldItalic.ttf
  inflating: /home/vagrant/.fonts/AppleGaramond-Italic.ttf
  inflating: /home/vagrant/.fonts/AppleGaramond-Light.ttf
  inflating: /home/vagrant/.fonts/AppleGaramond-LightItalic.ttf
  inflating: /home/vagrant/.fonts/Aquabase.ttf
  inflating: /home/vagrant/.fonts/LITHOGRL.TTF
  inflating: /home/vagrant/.fonts/Lucida Grande Bold.ttf
  inflating: /home/vagrant/.fonts/Lucida Grande.ttf
  inflating: /home/vagrant/.fonts/Lucida MAC Bold.PFB
  inflating: /home/vagrant/.fonts/Lucida MAC Bold.pfm
  inflating: /home/vagrant/.fonts/Lucida MAC.PFB
  inflating: /home/vagrant/.fonts/Lucida MAC.pfm
  inflating: /home/vagrant/.fonts/LucidaMAC.ttf
  inflating: /home/vagrant/.fonts/lucon.ttf
  inflating: /home/vagrant/.fonts/MACGRAND.PFB
  inflating: /home/vagrant/.fonts/MACGRAND.PFM


Unity Tweak Tool を見るとインストールしたフォントが選択できるようになったはずです。

思っていた以上に Mac OS X になりました(一見するとわからないぐらい)。

Mbuntu_13


全ての人の環境で必ず動くとは限りませんが、LightDM 向けのテーマを使うとログイン・ページも Mac OS X になりますよ。

# need ppa:noobslab/themes repo.
$ sudo apt-get install mbuntu-y-lightdm-v4


これが、

ubuntu_default_login


mbuntu-y-lightdm-v4 だとこうなります(再起動が必要)。

mbuntu_lightDM_login


うーん、これは Mac だな。。。


今日のわかった


さて、僕達は MBuntu で何を手に入れたのでしょうか?

Mac OS X? それはノー、これは Mac OS X に憧れ一生懸命に真似して、それでも永遠に本物には追いつくことができない悲しいニセモノ、コピーであり、独自のスピリットを持つ Voyager Linux の方が数倍良いものだと言えるでしょう。

では何を手にしたのか。 そう、僕達は OS ジョークで友人の驚く顔・笑顔を見る楽しみ、それに wget や幾つかのコマンドを使って OS やデスクトップ環境が動く仕組みを学び、それらを自由に変えることができるパワーやその機会が与えられてること自体の大切さ、という知見を手に入れたのです。

チャンピオン


それでは、より楽しいデスクトップ・ライフを。


変身 (新潮文庫)
変身 (新潮文庫)
posted with amazlet at 15.03.27
フランツ・カフカ
新潮社
売り上げランキング: 2,142


Posted by netbuffalo at 20:30│Comments(0)TrackBack(0)Linux | Apple


この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/netbuffalo/4993539

コメントする

名前
URL
 
  絵文字