2015年02月13日

パイ返しだ!- Raspberry Pi 2 ケース Pibow Coupe Ninja(パイボー クーペ 忍者)ハンズ・オン!

RPibow のようで Pibow では無く、価格は半額程度(1,880円)というコピー商品を掴み大失敗致した僕。 正直ケースにこれ以上の出費は抑えたい・・・ 1000 円程度で買えるプラケースにするのか迷いましたが、僕のマスター Pi に妥協はできません。 Pibow Coupe Ninja でリベンジしますよ!

dogeza

挫折、そして Pibow Coupe Ninja(パイボー クーペ 忍者)でリベンジ


前回 Raspberry Pi 2 に合わせて購入したレインボー・ケースはパーツが割れる上にそもそも組み上げられないという大失敗(「RPi - Raspberry Pi 2 ハンズ・オン! 〜 ケース選びは慎重に。」)。

ここで妥協したら常務に「敗北者の君には、そのどこにでもあるクリア・ケースがお似合いだよ(プークスクス)」と言われているようで我慢が出来ない(ええ、ドラマは見ていないので想像で話をしております)。

jomu


チキショー、本当に常務のことが憎くなってきた。 そんな僕が逆転の一手として購入したケース、それが Pibow 純正 Ninja。



 
到着した実物がこちら。 包装からして安心できる作りですね。

IMG_0210


裏面には簡単な組立方法が。

IMG_0227


開くと積層式のボディ・パーツとボルトが入ってます。

IMG_0247


ボードは全部で5枚。 スタック数が少なめなのには理由があります。

IMG_0254


まず、トップとボトムのボードから保護シートを剥がしましょう。

IMG_0259


間に挟む色付きボードにあるゴム層は隙間を調整するクッションなのでそのまま。

IMG_0268


さあ、組み立てますよ。 各ボードにはスタック番号が刻印されており、まず迷うことは無いでしょう。

IMG_0281


きました運命の第三層。 前回購入したライク・パイボーな偽物はこの次のスタックでパーツとチップが干渉して屈辱を味わったのです。

IMG_0284


ど、どうだ! (゚A゚;)ゴクリ。

IMG_0296



か、完璧。 USB ポート背面のチップに対応したスペースが確保されており、全く干渉しません。

IMG_0294



クークククッ(笑)・・・あーははははははははははーーー!!!


ど、土下座しろーおおおおおおおーーー!(だれが?)

dogeza-shiro


よーし、全てのスタックが完了。

IMG_0313


4隅にボルトを差し込んで、

IMG_0322


マイナス・ドライバーで絞ります(絞りすぎ注意)。

IMG_0331


背面側のナットは付属の工具で固定しておきましょう。

IMG_0343


じゃーん、完成。

IMG_0335


スタック数が少なかったのは Raspberry Pi の各種インタフェースにアクセスしやすいようにする工夫だったのです。 GPIO のピン・アサインも刻印されているのでわかりやすい。

IMG_0341


SD カード・スロットの具合も完璧でしたよ!

IMG_0372


Pibow Coupe Ninja ケース、おすすめです。 

IMG_0349


それでは、間違いのないケース選びを!


RaspberryPiで学ぶ ARMデバイスドライバープログラミング
米田 聡
ソシム
売り上げランキング: 7,584

XBeeで作るワイヤレスセンサーネットワーク (Make: PROJECTS)
Robert Faludi
オライリージャパン
売り上げランキング: 37,978

Posted by netbuffalo at 12:30│Comments(0)TrackBack(0)Raspberry Pi | 家電


この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/netbuffalo/4966659

コメントする

名前
URL
 
  絵文字