2013年10月02日

FabRSS を使って Kindle へ RSS フィードを全文・定期配信して自分だけのニュースを楽しむ方法

これまで何度かご紹介してきた RSS フィードを全文変換して Kindle へ自動配信する方法。 今日はブログのコメント欄で stentor さんに教えて頂いた FabRSS (全文変換、 Evernote 、 Pocket 連携可能)という現時点で無料・ベータ版の Web サービスをご紹介しますよ。

fabrss logo


FabRSS アカウントの作成・ RSS フィード登録・ Kindle 自動配信設定


今日ご紹介する FabRSS のトップページがこちら。 現時点でベータ版ですが、なかなかセンスの良い Kindle + RSS フィード連携サービスです。

FabRSS|Read RSS with your e-Reader


セットアップはこう。 まずは、Google+ , Facebook , Twitter 何れかのアカウントで認証します。

01 fabrss sign up


僕はツイッターで。

02 auth twitter


認証できたら FabRSS アカウントを作成しましょう。

03 fabrss sign in


ログインしたらまずはページ左上にあるメニューから Setting をクリック。

08 fabrss feed setting


e-Reader Setting で e-Reader type 、Send-to-Kindle email address (Amazon My Kindle > 端末の管理 で確認出来るあなたの Kindle に関連付いたメールアドレス)、 Send time 、 Timezone を設定します。

04 fabrss e-reader config

※ e-Reader type では Kindle 以外に SONY Reader を選択することが可能。

Send time はご存知の通り全文変換したドキュメントの自動送信時刻で、2時間間隔でリストされた中から何れかの時刻を指定。

14 fabrss send time setting


その下にあるのが外部サービス連携設定。 Evernote または Pocket と連携出来るんですね!

05 fabrss migration config


今はサービス休止に近い状態になっている Kindlefeeder でもプレミアム・ユーザーにはクリップ機能が提供されていましたが、特に気になった記事を保存しておくのに助かります。

連携する場合はボタンをクリック、外部サービス側で許可しておく必要があります。

06 fabrss evernote migration


最後に Amazon My Kindle ページ > パーソナル・ドキュメント設定で kindle@fabrss.com を許可済みのメールアドレスとして登録しておきましょう。

15 amazon my kindle email setting


さあ、これで設定はおしまい。 メイン・ページに戻って RSS フィードを登録します。

RSS フィードの登録は Add ボタンから。

09 fabrss feed form


表示されたフォームに RSS フィードの URL を入力、 Kindle への自動配信を有効化する Send to e-Reader 、記事を全文に変換する Send with full-text article をチェックして登録していきましょう

10 fabrss add feed


Send with full-text article はチェックせず、外部の全文変換サービスを経由した URL を入力してもOK。
ちなみに RabRSS では全文変換に Readability エンジンを使っているみたいですね。

もし、設定を変更・確認したいを思ったらページ右上にある設定メニューをクリック。

11 fabrss feed management


 各フィードの設定( Send to e-Reader 、 Send with full-text article )を確認、変更できますよ。

12 fabrss feed management setting


FabRSS ファースト・インプレッション


僕が色々と試しにいじったのが悪かったのか設定した時刻を過ぎても配信されないことが数回ありましたが、ドキュメント・サイズが 10 MB に達するようなな画像・記事を大量に含むドキュメントを無事配信完了。

16 kindle fabrss documents

お、各記事のタイトル下には Evernote 、 Pocket へのクリップ用リンクがありますね。

17 kindle fabrss documents save evernote


これをタップするとブラウザが起動、記事を Evernote または Pocket へクリップしてくれます(要 Wi-Fi )。

18 kindle fabrss documents save evernote success

ほらね、僕の Evernote にも保存しておきたい記事がクリップされました。

13 fabrss save evernote


さて、僕の FabRSS ファースト・インプレッションはこちら。

項目 評価 説明
配信容量制限 ★★★★★ 特に上限無し
コスト ★★★★☆ ベータ版の為、将来のユーザー数増加に伴い有料化もあり得るが現時点では無料
ドキュメントの変換精度、操作性 ★★★☆☆ 各記事タイトルに Web ページへのリンクが設定される為、読書中に Kindle メニューを表示させようとした際、リンク・クリックとみなされブラウザが起動してしまうケースがある。 本文抽出エンジンの精度は高いが記事の構成によってはその抽出位置に誤差があり一部内容が省かれることもある。
定期配信の正確さ ★★☆☆☆ 指定した時間に配信されないケースあり。 外部の全文変換サービスを経由した RSS フィード URL では配信が不安定になることも?
外部サービス連携 ★★★★☆ Evernote, Pocket へ記事を保存することが可能

 
総じて高い評価なんですが、配信時刻が設定通りにならない(配信されない)、登録した RSS フィードの記事が既読扱いで配信対象にならないというケースが何度かあったのが気になるところ(コツがわかれば評価アップ)。 安定して利用には試行錯誤が必要かもしれません。

初めて・できるだけ簡単に自分だけの Kindle ドキュメントを作成して自動配信・定期購読を楽しんでみたい人はオススメです。

これからも出来る限り無料で楽しませて欲しいですね。


その他 Kindle への RSS フィード自動配信方法まとめ


FabRSS が合わなかった人、サービスの休止・有料化に備えたい人の為に過去にご紹介した自動配信方法を幾つかご紹介しておきましょう。

まずは、Google 社の提供するプログラミング実行環境( Google App Engine )を使って配信サービスを作る方法がこちら。

無料で出来る! KindleEar で作る自分だけの Kindle ニュース( RSS フィード)配信 Web サービス

こちらも Google の運営方針には依存しますが無料、 Google の巨大なインフラを使って自分だけの Web サービスを始められます。


レンタルサーバーを契約している、自宅に常時起動しているサーバー PC を持っているという人にオススメなのがこちら。

Calibre を使って全文変換した RSS フィード を Kindle へ自動配信する方法

Calibre と Gmail を使って Linux サーバーから RSS フィードを定期配信しちゃいます。


うーん、自宅で PC を常に起動しておくのは電気代を気にする家族の反対もあり無理、そもそも自由に使える PC が無いという人にオススメするのがこちら。

Raspberry Pi という省スペース、省電力のミニ PC ボックスを使って自作配信サービスを作ります。

RPi - Raspberry Pi と Calibre で作る自分だけの Kindle ニュース( 全文RSS )配信サーバー

Raspberry Pi はこの他にも色々な用途に使えますからとても楽しいですよ!


それでは、より良い Kindle ライフを。

あらゆる本が面白く読める方法―万能の読書術
一条 真也
三五館
売り上げランキング: 68,280

アクティブ・ブレイン式 記憶できる読書術
矢沢 大輔
実務教育出版
売り上げランキング: 9,826

Posted by netbuffalo at 21:55│Comments(2)TrackBack(0)kindle | Webサービス


この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/netbuffalo/4598359
この記事へのコメント
kindlefeeder、kindelEar、FabRSSと教えていただいたKindleへの自動RSS Feedを色々と試行錯誤していました。最近tabletを買い気付いたのですがこのFabRSSのみイメージがカラーで配信されるようです。他の2つと比較して配信article数に制限があるものの、tablet(というよりカラー端末)で読む分にはアドバンテージがあり、FabRSSに落ち着きつつあります。(通勤時間に読める記事数には限りがありますからね)
Posted by kak0000102161 at 2013年11月07日 21:03
kak0000102161さん

情報ありがとうございます。コメント頂き、大変嬉しかったです。

なるほど、カラーというのも大事な要素ですね(Kindle Fire 又は話題のiPad Airあたりでしょうか・・・羨ましいです)。

FabRSSの方、僕のアカウントでは何度かドキュメントが(勿論、未読の記事はあるはずなのですが・・・)配信されない日もあり、今ひとつ不安で強くお勧め出来なかったのですが、何よりです。

今後とも宜しくお願い致します。
Posted by netbuffalo at 2013年11月07日 21:45

コメントする

名前
URL
 
  絵文字