2013年08月29日

Kindle Geek - Kindle Paperwhite で RDP を使ってリモートデスクトップを操作する方法

少し前にリモート PC のデスクトップを Kindle で"見る(だけの)"方法をご紹介しましたが、今日は正真正銘、RDP( Remote Desktop Protocol )に対応した PC のデスクトップを Kindle で共有・操作する方法をご紹介しますよ(要脱獄)。

 remote desktop connection icon


Kindle Paperwhite の脱獄( 管理者権限の取得 )と Kindlet のインストール


まずは脱獄(管理者権限の取得)が絶対条件。 方法はその時によって変わりますが、現時点(ファームウェア・バージョン 5.3.6 )ではこちらを参考に。

15分ぐらいで出来る! Kindle Paperwhite (Fw 5.3.6)でスクリーンセーバー画像を簡単ハック(カスタマイズ)する方法


脱獄が無事出来たら、こちらのページに移動して、

[Kindle] Unified Application Launcher. KUAL (V 2.2) - MobileRead Forums


KUAL.V.2.2.zip と prerequisites-all-supported-devices.zip をダウンロードしておきましょう。

mobile read KUAL page


Kindle の画面は Java アプレットという言語・フレームワークで構成されており、これを Kindlet といいます。

この Kindlet を非公式アプリケーションからも利用出来るよう Kindlet のアップデートを行います。

prerequisites-all-supported-devices.zip の中を見ると沢山のアップデート・ファイルがありますが、Kindle Paperwhite で利用するのは update_k5_ALL_PW_ALL_kindlet_jailbreak_install.bin 。

kindlet update bin


これを USB ケーブルで PC と接続した Kindle ドライブの直下にコピー。

copy kindle update bin


Kindle を取り外し、メニュー > 設定 > メニューと進み、” Kindle のアップデートを行う”を選択・実行します。

kindle アップデートを行う


これで Kindlet のインストールはおしまい。

アンインストールする場合は、同じ手順で update_k5_ALL_PW_ALL_kindlet_jailbreak_uninstall.bin を使ってアップデートして下さいね。


KUAL - Kindle Launcher のインストールと設定


Kindlet で画面を使ったアプリケーションの実行環境は整いました。 しかし、どうやってアプリケーションを起動しましょうか?・・・そう、やっぱり唯一ユーザーが画面からアクセス可能な ”本” 経由で起動します。

このアプリケーションのスタートメニューとなる本?を KUAL と呼び、先程ダウンロードした KUAL.V.2.2.zip の中に含まれています。

KindleLauncher azw2


KUAL アーカイブの中にある KindleLauncher-2.0.azw2 を Kindle Paperwhite の documents フォルダにコピー。

スクリーンショット - 2013年08月29日 - 12時40分37秒


これで KUAL のインストールもおしまい。


rdesktop のインストールとリモートデスクトップへの接続


さあ、ここまで来れば後少し。 KUAL フレームワークを使って RDP アプリケーションを起動しましょう。

まず、こちらのページから rdesktop-KUAL.zip をダウロード。

K5 rdesktop - MobileRead Forums
rdesktop-KUAL.zip ...


これを解凍すると extensions という名前のフォルダが作られます。

rdesktop KUAL


これをUSB ケーブルで PC と接続した Kindle ドライブの直下にコピーしましょう。

copy extentions to kindle


話は変わりますがこの extentions フォルダには別のアプリケーションをインストールする事もでき、この中にあるフォルダ名が KUAL 上に表示されるアプリケーション名になります。

さて、rdesktop にはもう少し設定が必要。 まず、 extentions/rdesktop/menu.json を編集し、リモートデスクトップ・メニューに表示されるホスト( PC )の名前を設定します。

サンプルで2つのホストの名が登録されているので分り易い名前に変更しましょう(実際のホスト名とは別でもOK)。

... snip ...

	{
		"name": "rdesktop",
		"priority": -1,
		"items": [

{"name": "Windows1", "priority": 1, "action": "bin/runner.sh", "param": "one"		},
{"name": "Windows2", "priority": 2, "action": "bin/runner2.sh", "param": "two"		}
]
}

... snip ...

ここでは Windows1, Windows2 という名前を設定。

このメニューと紐付くのが  extentions/rdesktop/bin フォルダにある runner*.sh 。

rdesktop runner shell scripts


これをテキスト・エディタで開き、USERNAME, PASSWORD, DOMAIN の値を普段リモートデスクトップ接続で利用している情報に変更します。

USERNAME="netbuffalo" # ユーザ名
PASSWORD="login-password" # パスワード
DOMAIN="TargetHost" # 接続するホストの名前又はIPアドレス


これで準備はおしまい。

Kindle を取り外し、画面に表示された KUAL ( Kindle Launcher )をタップしましょう。

kindle launcher


Kindle Launcher ( KUAL ) のトップメニューに extentions に保存した rdesktop があるはずです。

kindle launcher rdesktop menu



この中を見ると先ほど登録したホスト名のリストが表示されて、

kindle launcher rdesktop host menu


ホスト名をタップすると・・・リモートデスクトップに接続出来ました!

BlogPaint


キーボード以外は特に不便も無くタップで操作することが可能。 キーボードだけは Windows に組み込まれているスクリーン・キーボードを使う必要があります。

事前に osk (スクリーン・キーボード)の起動ショートカットをデスクトップに作っておきましょう(詳しくはこちら)。

 screen keyboard


ネットワークが不安定だと rdesktop が異常終了、 Kindle が再起動するなんて事もありましたが、珍しい物好きな人は是非どうぞ(あくまで自己責任ですよ!)。

使い方に慣れたら extentions を増やしても楽しいかもしれませんね。
(読書に集中出来なくなりそうですけど・・・)

それでは、より良い? Kindle ライフを。


「超」入門 失敗の本質
ダイヤモンド社 (2012-09-14)
売り上げランキング: 7

Posted by netbuffalo at 22:00│Comments(4)TrackBack(0)kindle | モバイルデバイス


この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/netbuffalo/4567634
この記事へのコメント
サイトにしたがって操作したのですが
ホスト名をタップするとリモートできるはずができないんです。
タップするとホーム画面に戻ってしまいます。

一応僕の使用しているextensionsファイルを上げておきます。
http://kie.nu/1yKp
Posted by Hayato at 2013年12月21日 17:55
Hayatoさん、ご相談ありがとうございました。
僕のKindleで試してみますね。
大変申し訳有りませんが、年末でバタバタとしております為、少々お時間を頂きたく。
失礼致します。
Posted by netbuffalo at 2013年12月24日 19:24
すいません自己解決できました。

PCの設定を間違っていました。

お騒がせしました。
Posted by Hayato at 2013年12月28日 20:57
Hayatoさん、それは良かったです。
年末休みに入り、今日あたり調べようかと考えていたところでした。
今後ともよろしくお願い致します。
Posted by netbuffalo at 2013年12月29日 19:10

コメントする

名前
URL
 
  絵文字