2013年01月11日

UbuntuでAirPlayを楽しむ2つの方法(Stream to Apple TV & Ubuntu)

母艦をMacからUbuntuに引っ越してからはPC上のビデオ・ライブラリをAirPlayを使ってApple TVにストリーミングして楽しむなんてことも無くなっていたんですが、時々、”AirPlayが使えればなあ” と思うこともあります。

ubuntu-meets-airplay

それ自体は我慢出来るんですが、調べもしないでそのまま放置するのも気持ち悪い・・・。

今日は、AirPlayを使って、Ubuntuへストリーミング & UbuntuからのApple TVへストリーミングする2つの方法をまとめてみます。

iPhone, iPad, iPodからUbuntuへ動画をストリーミングする


まずはiOSデバイスからUbuntuへAirPlayでビデオ・ストリーミングする方法。

streaming-to-ubuntu

動画プレーヤーにはTotemを使います。Ubuntuソフトウェア・センター又は次のコマンドを使ってインストールしましょう。
(標準で入っていることが多いですが)

$ sudo apt-get install totem

僕は3.0.1を使って試しますよ。

totem_info

まずは、Totem用AirPlayプラグインをGitHubからダウンロードします。

$ git clone https://github.com/dveeden/totem-plugin-airplay.git
※http://git.sukimashita.com/totem-plugin-airplay.gitは最新の環境では動作しないので注意。 

gitが無い人は$ sudo apt-get install gitでインストールするか、totem-plugin-airplayからzipファイルを直接ダウンロードしましょう。

このプラグインはpython-avahiライブラリを利用するので、こちらもインストールしておきます。

$ sudo apt-get install python-avahi

さあ、これで準備が出来ました ~/.local/share/totem にpluginディレクトリを作り、ここに先ほどダウンロードしたAirPlay用プラグインを移動します。

$ mkdir ~/.local/share/totem/plugins
$ mv totem-plugin-airplay ~/.local/share/totem/plugins/

この状態でTotem(動画プレイヤー)を起動し、”編集”メニュー”から"プラグイン"を選択して、AirPlay Supportをチェックをします。

totem-airplay-support

これで準備はおしまい。

適当なビデオをiOSデバイスで開いてみましょう。 AirPlayメニューに貴方のPC(Totem)が追加されているはずです。

airplay-from-ios

タップするとUbuntu上のTotemでビデオの再生が始まります。

airplay-from-ios2

柴犬可愛いなぁ。。。

現時点では動画の切り替えがうまく動かないので都度Totemを再起動する必要があるのが少し残念。

ちなみにこの方法で画像をAirPlayすることは出来ません。


Ubuntu上の動画ライブラリをApple TVにストリーミングする


今度はUbuntuがAirPlayクライアントになり、ストリーミングした動画をテレビ(Apple TV)で再生してみます。

airplay-from-ubuntu

これにはairstreamというアプリケーションを利用しますが、これにはRuby環境が必要。 

$ sudo apt-get install ruby
$ sudo apt-get install ruby-dev (or ruby1.9.1-dev)
$ sudo apt-get install  libavahi-compat-libdnssd-dev

最後にgemでairstreamをインストールします。

$ sudo gem install airstream

さあ、これでビデオ・ファイルをApple TVにストリーミングできますよ。

まずは、端末から airstream と入力してみましょう。

$ airstream 
Initialized configuration file in /home/netbuffalo/.airstreamrc
No arguments given
offer a video file to an airplay device

Usage: airstream [options] [url|path/]filename

Basic options: (configure default in ~/.airstreamrc)
    -o RECIEVER                      the airplay-device ip-address or domain
    -q, --quiet                      prevent most of the output
        --verbose                    additional output
    -v, --version                    output version information then quit

ヘルプ・メッセージの表示と合わせてホーム・ディレクトリの直下に .airstreamrc という設定ファイルが作成されるので、このファイルをエディタで開き、:receiverのIPアドレスをApple TVのIPアドレスに変更します。

$ vi (or gedit) ~/.airstreamrc 
---
:reciever: 192.168.1.8
:quiet: false
:verbose: false
:use_local_http: true

これで airstream の引数としてビデオ・ファイルへのパスを指定すればApple TVでビデオの再生が始まるはずです。

$ airstream /path/to/my-video.mp4

airimg で画像(写真)をストリーミングすることも可能。

$ airimg http://i.imgur.com/hoge.png -o 192.168.1.8 # 画像URLを指定してストリーミング
$ airimg /path/to/picture.png -o 192.168.1.8
$ airimg /path/to/pictures/*.png -o 192.168.1.8 # 複数画像ファイルを指定。8秒毎にスイッチ。

詳しくはchristoph lipautzさんのブログをどうぞ。

Linux and apple tv — blog.lipautz.org
...

それでは、より良いAirPlay + Ubuntuライフを!



Apple ハイビジョン対応 Apple TV MD199J/A
アップル (2012-03-16)
売り上げランキング: 53

Panasonic コンパクトステレオシステム ブラック SC-AP01-K(AirPlay対応)
パナソニック (2012-04-20)
売り上げランキング: 15,489

Posted by netbuffalo at 21:00│Comments(0)TrackBack(0)Linux | Apple


この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/netbuffalo/4336519

コメントする

名前
URL
 
  絵文字