2012年12月21日

Kindle PaperwhiteのスクリーンセーバーをWindowsを使って出来るだけ簡単にカスタマイズしてみる

いやー、マズイなーと思うことが幾つかあるんですが、その内の一つが僕のブログでKindleの話をする時(それ以外も殆どですけど)にWindowsを使って説明しないこと。まあ、Macを使っていたころであれば、今の世の中まだ許せるんですが、最近はUbuntuばっかり・・・。

easy_is_good

もっと沢山の人に知ってもらいたい・助けたい、いや正直に言えば、そんな事はどうでもよくて、もっと沢山の人に僕のブログにアクセスして欲しい・・・、そんな複雑な気持ち(?)の中、今日はWindowsを使いつつ、Linuxのコマンドは一度も使わずにKindle Paperwhiteのスクリーンセーバー画像を変更するという、現時点で世界最高峰の簡単な方法をご紹介したいと思います。

NetSpear(自動化ツール)をダウンロード


今回は技術的に複雑な作業を自動化する為に僕が作ったNetSpearというアプリケーションをダウンロードします。

こちらのページからダウンロード・リンクをクリックして、netspear_x_x.zipをダウンロードして下さい。

zipファイルを解凍すると、netspear-x.x.exe、netspear-x.x.jar、netspear.shという3つのファイルが入っているので、

netspear-zip


exeファイルをダブルクリックしてNetSpearを起動します(Mac OS、Linuxの方はnetspear.shを実行)。

netspear-top


後もう一つ、このアプリケーションでKindle Paperwhiteのスクリーンセーバーを変更する為の設定ファイル・セットもダウンロードしましょう。


こちらの中身には、ENABLE_DIAGS、linux.inf、netspear_kpw_screensaver.xmlが含まれています。

script-zip

このうち、xmlファイルをNetSpearの注射ボタンをクリックして読み込んで下さい。

spear-1

これで一つ準備が終わりました。

netspear-2


Kindle Paperwhiteを脱獄(Jailbreak)してUSBケーブル経由でネットワーク接続する


ここが少し複雑なんですが、頑張りましょうね。まずは以前に書いた手動でスクリーンセーバーを変更する方法を参考に、

kpw_jb.zipをダウンロードし、中身に含まれるMOBI8_DEBUG、jailbreak.shをPCに接続したKindleドライブの直下にコピー、
 

jb-1

jailbreak.mobiをdocumentsフォルダにコピーします。

jb-2
 
ここで一度、パソコンから取り出し、ホーム画面に現れた本を開き、Kindleを脱獄します(詳しい手順は先程の参考ページを参照)。

k5jb20

脱獄が終わったら、再びKindleをPCに接続し、今度はドライブの直下に先程ダウンロードしたk5screensaver.zipに含まれるENABLE_DIAGSというファイル(中身は空)をコピーします。

jb-3

再度、KindleをPCから取り外し(ケーブルも外す)、Kindleメニュー > 設定 > メニューとタップし、表示されたリストから”再起動”を選択します。

k5jb26

これで再び起動したKindleはDIAGモードと呼ばれる診断モードで起動するので、このメニューから N) Misc individual diagnostics、

ed-1

U) Utilities と進み、

ed-2


Z) Enable USBnet を選択します。

ed-4

ここまで出来たら画面下にあるExitをタップし、一つ前の画面に戻っておきましょう。

これでKindleはネットワーク・デバイスになりました。WindowsパソコンにUSBケーブルで接続すると、ドライブとしては認識されず、ネットワーク機器として認識されます。

この時、僕のWindows XPではドライバ(RNDIS Ethernet Gadget)が無いという警告が表示されます。
(Windows 7なんかだとすんなり認識されるのかもしれませんね)

kpw61

この警告が表示されたら、やはり先程ダウンロードしたk5screensaver.zipを解凍したフォルダをドライバの検索場所に指定しましょう。

kpw62


中にある linux.inf が見つかり、正しく機器が認識されるはずです。

driver-1

さあ、Windowsネットワーク接続を開いてみて下さい。

local-nework

普段見慣れない”ローカル エリア接続”(普通1つしか無いのでローカル エリア接続2が追加される事が多い)が見えるはずです。

このローカルエリア接続(ここではローカルエリア接続2)を右クリックし、プロパティでTCP/IP設定を開き、IPアドレスに192.168.15.1、サブネットマスクには255.255.255.0を設定します。

local-nework1


OKを押したら準備はおしまい。

Macの方はこちらの記事を参考にネットワーク設定して下さいね。


NetSpearを使って設定作業を自動化


さあ、先程用意しておいたNetSpearに戻ります。まず一度画面右側にあるTestボタンをクリックし、Kindleに接続できることを確認して下さい。

button_test

OKであれば、ロケットボタンをクリックしましょう。一瞬で全ての作業が終了し、最後に成功メッセージが表示されるはずです。

netspear-completed

お疲れ様でした。Kindle側でトップ・メニューに戻り、一度だけ S) Device Settings をタップします。

ed-dev-setting

機器情報が表示されたら再度トップ・メニューに戻り、D) Exit, Reboot or Disable Diags をタップして、

ed-disable-dialog

メニューから D) Disable Diagnostics を選択。

kindle-disable-diags2
 
最後に continue をタップすればKindleが再起動します。


やっとここまできましたね!、再起動したKindleを見ると、ストレージ上にscreensaverというフォルダが見えるはずです。

folder-ss

この中にあるpngファイルと同じ名前でお好みのスクリーンセーバー画像を保存して下さい。

kindle-ss-images

貴方だけのKindle Paperwhiteになるはずです。

apolo

スクリーンセーバー画像を探すときにはGoogle画像検索で”kindle scrennsaver imagesize:600x800”と入力すると沢山見つかりますよ(多分そのままでも大丈夫ですが、出来れば758x1024にリサイズしましょう)。
あくまで自己責任ですが、良かったら使ってみて下さい!

それでは、より良いKindleライフを。


アンドロイドは電気羊の夢を見るか? (ハヤカワ文庫 SF (229))
フィリップ・K・ディック 
早川書房 
売り上げランキング: 2,824

ルックイースト 大容量モバイルバッテリー 12,000mAh ホワイト LE-UBT12K-WH
ルックイースト (2012-01-27)
売り上げランキング: 937

Posted by netbuffalo at 23:00│Comments(0)TrackBack(0)kindle | ライフハック


この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/netbuffalo/4313721

コメントする

名前
URL
 
  絵文字