2012年10月10日

iPhone 5の機種変更と合わせてソフトバンク下取りプログラムも利用してみる(データの初期化・IMEIの確認など)

先日iPhone 5に機種変更した際に申し込んだSoftBank下取りプログラムですが、ついに下取りキットが手元に届きましたよ。
 

top2


下取り出来ないiPhoneは手元に返送されてくるそうですが、ホームボタンがほぼ無反応になっている僕のiPhone 4は大丈夫だろうか・・・。

不安はありますが、早速下取りの準備・発送してみましょう。

開封の儀


当然、興奮は全くと言って良いほど無いのですが開封してみます。

kit-01

中身は、返信用(佐川着払い)封筒、スマホ下取りプログラム 申込書 兼 同意書、説明書(お申し込みの皆様へ)の3つ。

kit-02

ちなみに僕のiPhone 4の値段は10,000円(詳しくはこちら)。

安い!とSoftbankさんを非難する記事を見かける事もありますが、まあ、僕のiPhone 4はまる2年使ってだいぶガタがきているので別の買取店でもマイナス査定が積み重なって大した差は無いと思うので、手間が少ない分だけSoftBankさんに下取ってもらうことにします。

ちなみに、ネットオフさんだと最大15,000円(2012年10月10日現在)。

iphone4-01

保存状態に自信のある方(箱・付属品あり、傷無し、ホームボタンの反応が顕在)は試してみると良いかもしれませんね。

しかし、3GSって最大8,000円で引き取ってくれるんですね・・・こっちの方がびっくりましたよ。


下取り対象iPhoneのデータを初期化する


使っていたiPhoneを他人に渡すわけですから、データは初期化しないといけませんね。

ということで、まずは、iPhoneの設定アイコンをタップ。

iphone-settings-icon


”一般”を選択。

iphone4-02

すると一番下に”リセット”があります。

iphone4-03

この中から、”全てのコンテンツと設定を消去”を選択します。

iphone4-04

確認ダイアログが表示されるので、”iPhoneを消去”をタップ

57

これで消去が始まります。 僕のiPhone 4は16 GBモデルですが、初期化は5分ほどで終了。

iphone4-07

初期設定をすると、まっさらなiPhoneになっています。

iphone4-08

心配な人は同じ手順を繰り返して、2度以上初期化すると良いんじゃないでしょうか。
(論理フォーマットだと思いますけど・・・)


下取り対象iPhoneのIMEIを確認する


申込書を見ると、IMEIという記入項目があります。 これもiPhoneの設定から確認しましょう。

まずは、初期化と同じく設定を開いて、”一般”をタップ。

iphone4-02

この中にある”情報”をタップするとIMEIが確認できます。

iphone4-imei-01

これで下取りに必要な情報は全て揃いましたね。

BlogPaint


最後に発送


申込書 兼 同意書に住所、IMEIなどの必要事項を記入したら下取り対象iPhoneと一緒に封筒に入れて発送します。

BlogPaint


さらば、iPhone 4!




Posted by netbuffalo at 16:58│Comments(0)TrackBack(0)Apple | モバイルデバイス


この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/netbuffalo/4221990

コメントする

名前
URL
 
  絵文字