2012年04月09日

Conkyでデスクトップにステータスを表示する

少し前に、インストールしていたAVG(アンチ・ウイルスソフト)が/opt/avgの下にキャッシュ・ファイルを作り続けディスク使用量が100%、Xubutnuが起動しなくなってしまうという状況に陥り、これはイカンということでConkyパッケージを使ってCPU、メモリ、ディスク使用量をUbuntu(Xubuntu)のデスクトップに表示することにしました。

utilities-system-monitor-5

Conkyのインストールと起動・設定


Ubuntuソフトウェア・センターからConkyで検索するか端末(ターミナル)から次のコマンドでインストールします。

$ sudo apt-get install conky

conkyはユーザ共通で/etc/conky/conky.conf、ユーザ個別であればホームディレクトリの直下に~/.conkyrcファイルを用意することで設定できます。

/etc/conky/conky.confを使ってconkyコマンドで起動してみます。

$ conky -a top_right
(デフォルトではデスクトップ左上に情報が表示されるので左上に変更)

conky-before

動きましたね。少し寂しいので幾つかパラメータを変更します。

$ sudo vi /etc/conky/conky.conf
※viが苦手な人はgeditで。

alignmentで表示位置をデスクトップ左上に変更。

#alignment top_left
alignment top_right

標準ではown_window_typeの値がdesktopですが、デスクトップをクリックするとconkyの表示が隠れてしまうので、overrideに変更。

# type normal, desktop, dock, panel or override 
own_window_type override

頻繁に更新しても意味が無いので今回は更新間隔を5秒に変更(標準では1秒間隔)。

update_interval 5.0

最後にTEXT以下の表示内容、デザイン定義ですが、僕はCPUとネットワーク・トラフィックのグラフを追加

TEXT
#${scroll 16 $nodename - $sysname $kernel on $machine | }
#$hr
#${color grey}Uptime:$color $uptime
#${color grey}Frequency (in MHz):$color $freq
#${color grey}Frequency (in GHz):$color $freq_g
${color grey}CPU Usage:$color $cpu% ${cpubar 4}
${cpugraph $cpu% ffffff ff0000}
$hr
#${color grey}Uptime:$color $uptime
${color grey}RAM Usage:$color $mem/$memmax - $memperc% ${membar 4}
${color grey}Swap Usage:$color $swap/$swapmax - $swapperc% ${swapbar 4}
$hr
${color grey}File systems:
 / $color${fs_used /}/${fs_size /} ${fs_bar 6 /}
$hr
${color grey}Network:
${color grey}eth0 - Up:$color ${upspeed eth0} ${color grey} / Down:$color ${downspeed eth0}
${upspeedgraph eth0 ffffff 00ffff}
${downspeedgraph eth0 ffffff 00ff00}
${color grey}wlan0 - Up:$color ${upspeed wlan0} ${color grey} / Down:$color ${downspeed wlan0}
${upspeedgraph wlan0 ffffff 00ffff}
${downspeedgraph wlan0 ffffff 00ff00}
$hr
${color grey}Processes:$color $processes  ${color grey}Running:$color $running_processes
$hr
${color grey}Name              PID   CPU%   MEM%
${color lightgrey} ${top name 1} ${top pid 1} ${top cpu 1} ${top mem 1}
${color lightgrey} ${top name 2} ${top pid 2} ${top cpu 2} ${top mem 2}
${color lightgrey} ${top name 3} ${top pid 3} ${top cpu 3} ${top mem 3}
${color lightgrey} ${top name 4} ${top pid 4} ${top cpu 4} ${top mem 4}

設定を保存したらもう一度conkyの表示を確認してみます。

conky-custom

おお、グラフも入ってかなりクールになりました。

その他にconkyに用意されているステータス情報はマン・ページ($ man conky)で確認できます。

外出先で使うことが多い人は次の設定でバッテリー・グラフを追加すると良いかもしれませんね。

${color grey}Battery: $color ${battery_percent} %
${battery_bar}$
$hr$

battery2


Conkyの自動起動


僕はXubuntu 11.10を使っていますが、単純に自動開始アプリケーションに追加するだけではデスクトップに表示してくれません。
どうもタイミングをずらしてあげないと表示できないようですが、自動開始アプリケーション/コマンドに複数のコマンドは記述できないようなので、シェルを用意します。

 $ vi ~/startconky.sh
 
#!/bin/sh -e
sleep 15
conky
exit 0

このファイルを自動開始アプリケーションに登録します。

設定 > 設定マネージャから

menu

セッションと起動を選択して、

スクリーンショット - 2012年04月09日 - 01時30分31秒

自動開始アプリケーション・タブを開いて、conkyを追加。

スクリーンショット - 2012年04月09日 - 01時31分36秒

コマンドには先程用意したシェル・ファイルを指定しておしまい。

スクリーンショット - 2012年04月09日 - 14時19分30秒


また一つXubuntuが便利になってしまった・・・。

それではより良いUbuntuライフを!


プリンストンテクノロジー USB PCリモート デジ操゛ PSC-RC
プリンストンテクノロジー (2012-03-23)
売り上げランキング: 2370



Posted by netbuffalo at 19:20│Comments(0)TrackBack(0)Linux 


この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/netbuffalo/3941190

コメントする

名前
URL
 
  絵文字