2011年05月16日

モバイル・ルータ(LAN-W150N/RIPS)でWiMAX接続してみた

これまで半年ほど使ってきましたWM3500R(WiMAXルータ)ですが、2つ程不満な点がありました。


【不満1】iOS系機器と相性が良くない。
 
我慢は出来るレベルですが、パソコンと比べると速度が出ません。
例えば、僕の家だとパソコン(MacBook、Windows7)では10Mbps程でますが、同じ状況でiPhone4/iPadだと4〜6Mbpsぐらいになります。iPhone4、iPadだけあればさほど速さを気にする必要は無いのですが、動画がメインのApple TVだと気になります。
(僕の家はWiMAXしか回線が無いのです)

【不満2】インターネット接続が出来なくなる
 
これはiOS/パソコン関係無く、使っていると急にネットに接続出来なくなる事があります。理由は良くわかりませんが、端末側でIPアドレスの開放/取得(※1)をすると復旧し(WM3500Rの電源ON/OFFする人がいますがそこまで必要無い)、その後は起きなくなります。
※1 Macの場合、ターミナルでsudo ifconfig en1 down、up。windowsの場合、DOSプロンプトでipconfig /release、/renew

そんな折、ロジテックさんからLAN-W150N/RIPSというモバイルWiFiルータ兼AP(WAN/LAN有線ポート付き)が発売されているのを見まして、もし、WM3500Rの無線LANにクセがあり、他方、有線であれば安定するのだとすれば、図のような構成でWM3500Rクレードル経由でLAN-W150N/RIPSを接続し、iPhone/iPad/Apple TV/パソコンはLAN-W150N/RIPSから接続すれば2つの不満は解決するのではないか、と考え(※2)実験してみました。

※2 LAN-W150N/RIPSの箱に’iPhone/iPod/iPad用’と書いてあるので期待。

49)

結果ですが、【不満2(稀にインターネット接続出来ない)】は解消されましたが、肝心の【不満1(iOSとの相性)】は改善されませんでした。少し遅いぐらい。。。残念ですが、LAN-W150N/RIPSは本来の目的通り、旅行先のホテルで活躍させます。

ちなみにLAN-W150N/RIPS自体は小さいながらも速度・安定性ともに問題なく、満足度は高いです。

IMG_0812
※アンテナの無しのモデルもあります。
 
LAN-W150N/RIPSをルータ・モードで光回線に接続して測定したところ、上り・下り共に約40Mbps出ましたよ。

25)


全く話が変わりますが、今日、会社の同僚がXperia arcを持っていたので触らせてもらいました。
いいですね〜。速さ、滑らかさ共にiPhone4と遜色無しでした。



ここまでスムーズに動くならソフトバンク解約して回線環境の良い他社のAndoroidフォンが欲しくなりそう。
 




Posted by netbuffalo at 19:05│TrackBack(0)モバイルデバイス | wimax


この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/netbuffalo/3202026