2011年01月21日

Kindle3(自炊した画像を読む編)

今日は画像データをKindle 3(以下キンドル)で表示する方法を整理します。尚、キンドルはJPEG、GIF、PNG形式をサポートしています。
 
スキャナーで自炊した電子書籍を読む際に役立ちそうですね。では早速。

キンドルで画像ファイルを読む


僕自身は自炊はしていないので、’これならわかる人工知能入門’(元々はPDF)をJPEGに変換したデータを使って手順を整理します。
 
まずは、’本の名前’に相当するフォルダに作成します。

jpgbook1


次に1ファイルが1ページ相当のJPEG形式の画像ファイルを用意し、作成したフォルダの中に移動します。

jpgbook2
※ファイル名の順番がキンドルで表示されるページの順になります。


本の準備はこれで完了です。キンドルをPCにUSB接続し、最上位の階層(documentsと同じ場所)にpicturesフォルダを作成します。

jpgbook3


最終的な階層構造は
pictures/本の名前に相当するフォルダ/jpgファイル(各ページ)
です。

jpgbook4


ここまで出来たらPCをキンドルから切断し、homeスクリーン上(homeボタンで表示される画面)でAlt-Zします(Altボタンを押しながらzボタンを押す)。
するとスクリーン上に本が現れます。

BlogPaint

これを開くと、、

screen_shot-64053

読めましたよ!

使って見た感想ですが、JPEG画像が高品質だとページ送りが遅くなりがちです。
 
パラパラと読みたい人は高圧縮のJPEG画像を用意した方が良いと思います。
 


電子ブック自炊完全マニュアル
戸田 覚 
東洋経済新報社 
売り上げランキング: 1038

カール事務器 ディスクカッター DC-210N
カール事務機 
売り上げランキング: 661

Posted by netbuffalo at 20:30│TrackBack(0) kindle | モバイルデバイス


この記事へのトラックバックURL